メイン
HP
メール
マガジン
ご登録
ご提供価格
一覧
キャンペーン 無料
ヒーリング
プロフィール お問い合わせ サイトマップ
Q&A一覧
携帯電話をご利用の場合、以下の
アドレスを受信可能にしてから、
 ご連絡いただければと思います。 heavenlyblue100☆gmail.com
☆を@にご変更の上どうぞ
はね 以下外部HPですはね
  Q&A一覧 
  はじめましてのご案内 
  プロフィール 

お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
クリアな光に可能性というきらめきを満載した癒しをお届けしています
ピュアなエネルギーといっぱいの愛を受け取ってもらえたら嬉しいです

人となりをお知りになりたい方はプロフィールもご覧くださいね
キランメインHP: Attunement Square エネルギー伝授 
キラン ご連絡へのお返事は1日ー5日(除:土日祝祭日)です。
お時間には余裕を持ってお問い合わせ願います


内在する神 書籍「沈黙」より

    JUGEMテーマ:読書感想文

おひさしぶりの読書感想文です。

前回記載したように今回は、戦後日本文学の代表であり、
キリスト教文学の至高の作品として名高い「沈黙」を
取り上げてみようと思います。


初読みは学生の頃でもあったので、読み直しました。

前提条件として、本作品は、神とは、または、信仰とは、
といったテーマを扱っています。

これらの主題は非常に重く、また個々人によって価値観が
異なる内容でもあり、宗教観によっても変わってきます。
なので、ここでは、別の視点から書いてみます。

物語はこんな感じ。
島原の乱以後のキリシタン弾圧下に日本上陸を試みた宣教師の
ロドリゴとガルペ。手引きをしてくれた日本人のキチジローと
ともに長崎への潜入を果たします。
ほどなく二人は逃亡者としての生活を余儀なくされます。
囚われ殉教者とともに命を落とすガルペを前に生き延びた
ロドリゴもまたキチジローの密告によって長崎奉行所により
捕らえられます。

奉行所の井上筑後守との対話で日本においてキリスト教を
布教させることの意味、
そして、日本に根付いた神とキリスト教における神との違いを
突き付けられるロドリゴ。
転ぶことを求められ暗い牢屋に閉じ込められた彼の耳に
入ってくるのは役人の大きな鼾。

かつて憧れていたものの、
すでに棄教した司祭であるフェデリコが訪れロドリゴに
告げたのは・・・。

タイトルの【沈黙】はあまりの苦痛に苦しむ信者たちを
神はなぜ黙したまま助けてくれないのかということの
象徴であり、結末に繋がってきます。

ラスト、主人公が問われるのは、信仰を取るのか、
それとも、棄教し信者の命を助けるのか、という点。
さらには密告者であるキチジローが見せる人の業とも
いえる弱さ。
さらには、ロドリゴが宣教師としてどのような態度を
とるのか、という部分がドラマチックに描かれています。

ここでは結末について記載しませんが、ロドリゴの選んだ
道は人間として普遍的な態度であり、
彼が聞いた神の声は同時に癒しでもあるのではないかと
感じます。

本作品はキリスト教文学としても名高い作品ですが、
私たちは個々人の中に内なる神を宿しています。

クリスチャンであっても、そうでなくても、
真に他己的である時、それが自らの信念や信条と
異なることがあったとしても、その行動の尊さは失われる
ことはないでしょう。
そして、その行為に偽りがなければ失われるものと
同時に赦しや癒しもまた存在しうるのだと思います。

とても深い作品であり、人間が持つ弱さや狡さ、
同時に強さや尊さに迫るのでご関心がある方はどうぞ。

・・・本当に大切なものは何か。
そんなことを教えてくれる作品でもあります。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
可能性があります。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
受け継がれたホスピタリティ「東京會舘とわたし」より
人に寄り添うということ 「あしたの君へ」 


最後までご覧いただきまして感謝です
今回もちょっと重ための内容になりました。

次回はもう少し違った内容で書こうと思います。
来月書くことができれば御の字ですが連休前なので
未知の予定ごめんねごめんねぺこり

Trackback

この記事のトラックバックURL

▲top