メイン
HP
メール
マガジン
ご登録
ご提供価格
一覧
キャンペーン 無料
ヒーリング
プロフィール お問い合わせ サイトマップ
Q&A一覧
携帯電話をご利用の場合、以下の
アドレスを受信可能にしてから、
 ご連絡いただければと思います。 heavenlyblue100☆gmail.com
☆を@にご変更の上どうぞ
はね 以下外部HPですはね
  Q&A一覧 
  はじめましてのご案内 
  プロフィール 

お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
クリアな光に可能性というきらめきを満載した癒しをお届けしています
ピュアなエネルギーといっぱいの愛を受け取ってもらえたら嬉しいです

人となりをお知りになりたい方はプロフィールもご覧くださいね
キランメインHP: Attunement Square エネルギー伝授 
キラン ご連絡へのお返事は1日ー5日(除:土日祝祭日)です。
お時間には余裕を持ってお問い合わせ願います


 1/1PAGES  main

マニュアルの配布条件が訳者によって異なるのはどうして?

サンタ JUGEMテーマ:スピリチュアル/霊の世界を知ろう
無料ヒーリングの記事はこちらです。
必要な方は上記記事をご参照ください

たまに頂戴するご質問でもありますので、書いてみようかな
と思います。
たとえば当HPで翻訳をさせていただいたマニュアルの配布に
関しては、他者伝授に際しての配布要件について、
他の翻訳者さんと比較するのであれば、ちょっと厳しいと
いうか、細かいと思います。

お願いしている私でも細かくて申し訳ないなあ、
と感じることがあります。
ですから、それを承知の上でご利用くださっている方には
本当に感謝ですありがとう

逆に知らなくて要件を満たさないことがあったら、
個別にご連絡をさせていただくこともあるかもしれません。

もし、そのような連絡をお受取になられた場合、
きっと楽しい内容ではないかなあという気がしますごめんねごめんねぺこり

とはいえ、まったく他意はありません。

多くの場合、当HPをご利用くださっている方からの
お問い合わせなどによってご対応せざるを得ないというのが
現状でもありますので、
単に、ご利用に際してお願いしている内容と違いますよ、と
だけお伝えしたいだけですから、どうぞ、ご容赦くださいね。

もちろん、その後、ご不明点があれば、お気軽にご連絡を
いただければ幸いですハート

今はたくさんのマスターさんがいらっしゃり、
当HPでお願いしている内容について伝わらないことがあっても
おかしいことではありませんし、
お伝えすることの強要もまたしていません。
お伝えしていても忘れてしまうこともあるでしょう。

それでもお願いするのは、
お願いを守ってくださっている方はそれを守らなかった方と
比較すると、時に不利益をこうむってしまうことがあるからです。
。.。・.。*゜+。。.。・.。*゜+。。.。・.。*゜。.。・.。*゜+。

・・・非常に長くなりましたが、マニュアルの配布要件が
訳者によって異なるのは、創始者の方が日本語版の著作権も
創始者の方に帰属している旨の明記や約束等をしていない限り、
基本的には、日本語版の著作権は訳者に帰属することが少なからず
あるからだと思います。

でもって〜。
著作権と書くとなんとなく偉そうに聞こえるかもしれませんが、
実際は、責任の所在を明らかにすることに近いです。
要は日本語版の翻訳をさせていただいたのは花梨だから、
日本で権利関係の問題があったら訳者に連絡することができるよ、
という内容も含んでいる感じでしょうか
正確な著作権法の解釈を省略していますのと
意見としても多々あると思いますので私の見解としてご覧ください。


当HPが翻訳に関わっているマニュアルは細かいお願いが多い・・・
と記載しました。
理由としましては、一番厳しい創始者の方の基準に合わせている
からです。

とはいえOleさんのように非常にフランクな方の場合、
こういった内容はご本人の意思にはそぐわないように感じます。
逆に友人であるJayなどには信頼関係の問題から
大切にしてくれる方に受け取っていただきたく思うんです。

そんなことから、当HPが翻訳に関わったマニュアルの
第三者への頒布は結構細かく、紛らわしいかも、という次第です。

・・・本題にお話を戻しますが・・・

そういったことにこだわらない翻訳者さんもおられます。

実際、今から10年くらい前は創始者の方を取り巻くご状況も
もう少し違っていましたし、その時に活動をなさっていて
今、活動なさっていらっしゃらない訳者さん方のマニュアル等の
扱いはおそらくさほど厳しいものではありませんでした。

他には、お人によっては翻訳したマニュアルを他者伝授において
使用することを禁止にしている方もいらっしゃいますし、
メモ書きをお渡しになっている方もおられます。

あるいはどのような場所での頒布も創始者のNG内容に
かからなければOKの方も多くいらっしゃいます。

これらは個々の訳者の方のご事情やお考えに依存します。

以上から、もし、翻訳をなさっているマスターさんから
お受けになる時には、ご自身の需要に沿った内容をお尋ねに
なると確実です。

具体的には
1.他者伝授の使用の有無
2.マニュアル記載内容以外の制限事項等があるか否か
3.ご自身が配布したい場での配布が可能か否か
それがNGならどうやったら可能か、等

あるいは、お受けにならずとも必要なら適宜お問い合わせて
みるのもあり、です。

お人によってはNGかもしれませんけど、
一般的な日本語でお書きになられたご質問(喧嘩腰ではない、
という意味です)であれば、自分が手掛けた著作物について、
多くの方が嫌な顔をせずにご返信をくださるのではないでしょうか。

最後に当HPのご利用に際してのお願いはこちらです。
お人によってはとっても煩わしいかもしれません、
ですから、とても心苦しく感じています。

けれども、こういった事例もあるよ、ということでご参考の
一助になさっていただければ嬉しいですmie
 
▲top 1