メイン
HP
メール
マガジン
ご登録
ご提供価格
一覧
キャンペーン 無料
ヒーリング
プロフィール お問い合わせ サイトマップ
Q&A一覧
携帯電話をご利用の場合、以下の
アドレスを受信可能にしてから、
 ご連絡いただければと思います。 heavenlyblue100☆gmail.com
☆を@にご変更の上どうぞ
はね 以下外部HPですはね
  Q&A一覧 
  はじめましてのご案内 
  プロフィール 

お立ち寄りいただきましてありがとうございます。
クリアな光に可能性というきらめきを満載した癒しをお届けしています
ピュアなエネルギーといっぱいの愛を受け取ってもらえたら嬉しいです

人となりをお知りになりたい方はプロフィールもご覧くださいね
キランメインHP: Attunement Square エネルギー伝授 
キラン ご連絡へのお返事は1日ー5日(除:土日祝祭日)です。
お時間には余裕を持ってお問い合わせ願います


 1/2PAGES >> main

内在する神 書籍「沈黙」より

    JUGEMテーマ:読書感想文

おひさしぶりの読書感想文です。

前回記載したように今回は、戦後日本文学の代表であり、
キリスト教文学の至高の作品として名高い「沈黙」を
取り上げてみようと思います。


初読みは学生の頃でもあったので、読み直しました。

前提条件として、本作品は、神とは、または、信仰とは、
といったテーマを扱っています。

これらの主題は非常に重く、また個々人によって価値観が
異なる内容でもあり、宗教観によっても変わってきます。
なので、ここでは、別の視点から書いてみます。

物語はこんな感じ。
島原の乱以後のキリシタン弾圧下に日本上陸を試みた宣教師の
ロドリゴとガルペ。手引きをしてくれた日本人のキチジローと
ともに長崎への潜入を果たします。
ほどなく二人は逃亡者としての生活を余儀なくされます。
囚われ殉教者とともに命を落とすガルペを前に生き延びた
ロドリゴもまたキチジローの密告によって長崎奉行所により
捕らえられます。

奉行所の井上筑後守との対話で日本においてキリスト教を
布教させることの意味、
そして、日本に根付いた神とキリスト教における神との違いを
突き付けられるロドリゴ。
転ぶことを求められ暗い牢屋に閉じ込められた彼の耳に
入ってくるのは役人の大きな鼾。

かつて憧れていたものの、
すでに棄教した司祭であるフェデリコが訪れロドリゴに
告げたのは・・・。

タイトルの【沈黙】はあまりの苦痛に苦しむ信者たちを
神はなぜ黙したまま助けてくれないのかということの
象徴であり、結末に繋がってきます。

ラスト、主人公が問われるのは、信仰を取るのか、
それとも、棄教し信者の命を助けるのか、という点。
さらには密告者であるキチジローが見せる人の業とも
いえる弱さ。
さらには、ロドリゴが宣教師としてどのような態度を
とるのか、という部分がドラマチックに描かれています。

ここでは結末について記載しませんが、ロドリゴの選んだ
道は人間として普遍的な態度であり、
彼が聞いた神の声は同時に癒しでもあるのではないかと
感じます。

本作品はキリスト教文学としても名高い作品ですが、
私たちは個々人の中に内なる神を宿しています。

クリスチャンであっても、そうでなくても、
真に他己的である時、それが自らの信念や信条と
異なることがあったとしても、その行動の尊さは失われる
ことはないでしょう。
そして、その行為に偽りがなければ失われるものと
同時に赦しや癒しもまた存在しうるのだと思います。

とても深い作品であり、人間が持つ弱さや狡さ、
同時に強さや尊さに迫るのでご関心がある方はどうぞ。

・・・本当に大切なものは何か。
そんなことを教えてくれる作品でもあります。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
可能性があります。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
受け継がれたホスピタリティ「東京會舘とわたし」より
人に寄り添うということ 「あしたの君へ」 


最後までご覧いただきまして感謝です
今回もちょっと重ための内容になりました。

次回はもう少し違った内容で書こうと思います。
来月書くことができれば御の字ですが連休前なので
未知の予定ごめんねごめんねぺこり

人に寄り添うということ:あしたの君へ

    JUGEMテーマ:読書感想文

本記事では人に寄り添うことについて正面から取り上げている
本をご紹介したいと思います。

主人公のイメージに近い音楽を選んでみたのですが、
すべての強くなろうとしている人たちの背中を押してくれる
歌詞です。


著者である柚月裕子さんはミステリーでも骨太の作品を
お書きになるのですが、
今回は家庭裁判所調査官補が主人公です。
学生の頃、他の職種とともに進路として迷った職業でも
ありました。

家庭裁判所調査官補とは家庭裁判所調査官になるために
研修中の身分の方です。
研修を終え正式任官になると略して家裁調査官になるのですが、
主なお仕事は少年事件の調査/民事の家庭裁判の調査などです。
漫画でしたら「家裁の人」や「人間交差点(一部)」でも
お目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

訴訟になる事案の調査ですから、そこには個々人の、
または少年少女たちの非常に複雑な心理や家庭環境、
背景が隠れていることが多く、
裁判官の量刑や印象に影響を与えることもあるという意味で、
一時的なかかわりであっても、被告/または当事者の人生に
少なからず働きかけるお仕事であるともいえるでしょう。
言い換えればそれだけの責任を負っているともいえます。

前置きが長くなりましたが、本作品は5つの中短編で構成
されています。
一連のお話の中で挙げられているのは少女の万引き、親権、
ストーカー少年の量刑、モラルハラスメント、などです。

調査官補は研修中と書きましたが、どんな職業でも初めは
未経験ですし、経験を積んでいてもその経験で対応できない
状況もあります。
人間ですから、間違いを犯すこともあれば完璧でないことも
多いです。

主人公である調査官補の大地は関わる方を通じて、
自らの適性に悩み、人間としての未熟さに苦しみます。
優秀な同僚それぞれにも抱える痛みがあり、
上司もまた同じ道をたどって、時に逡巡しながら、
今の立場に至っています。

彼らの仕事は、調査対象となる人物の心にどれだけ近づく
ことができるかが、
問題の奥にある真実にたどり着くために大切です。
心を開かなければ行動の奥に隠された秘密に触れることが
できません。

もちろん勘(この場合、上司などの経験に基づくもの、
資料などから浮かび上がってくるものを読み取る能力)も
必要ですが、人と人とのぶつかり合いですから、
最終的には人間性が重要になってきます。

人の心に寄り添うこと・・・。
それは決して簡単なことではありませんし、
いうまでもなく安易にできることではありません。
ベストを尽くしたいと願い、努力することはできても、
私などは言わずもがな、日々新発見の繰り返しです。

主人公は、事件を通じて出した答えに、迷い、葛藤し、
これでいいのかと懊悩し、最善の結論を考え抜きます。
それでも出した答えが最善でない場合もまた起こり得ます。

「人を救うためには、知識や経験も大事だけど、
一番必要なのは悩みを抱えている人たちの力になりたいって
いう気持ちだと思う。それがなければ、知識や経験があっても、
相談者には寄り添えない」 〜本文より引用〜

・・・主人公に対して友人が伝える言葉に、
本作家さんが伝えたかったことが込められている気がします。

上記のように、
家庭裁判所調査官は少年犯罪の量刑判断に関わることも
ありますから、責任も大きく深刻な事案も扱います。

しかしながら、他者の心に寄り添う、といったことに
関わっているのであれば、どんな分野のお仕事であっても、
前述の言葉は忘れてはいけないものなのだと思います。

そんなこともあり、ご紹介させていただきました。

・・・上記見解はお人によって個人差があります。

人のお力になりたい、という気持ちも過度になればバランスを
欠きますし、
その気持ち自体を過剰な承認欲求やメサイアコンプレックス、
偽善の表れとお感じになる方もいらっしゃいます。

これらはすべて個々人の価値観ですが、
「他者へ寄り添うこと」にかかわっているのであれば、
たとえ、小説であっても、お心に響く部分があるのでは
ないでしょうか。

一篇一篇がとても丁寧に書かれているのも好感が持てますが、
いい意味で考えさせられる物語です。ご関心がある方はどうぞ。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
可能性があります。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
受け継がれたホスピタリティ「東京會舘とわたし」より
たとえ出会ったときは違っても 映画「君の名は。」より 


最後までご覧いただきまして感謝です
今回はちょっと重ための内容になりました。

次回は映画になった「沈黙」か、他の本かで迷い中。
前者は多感な時期に読んだこともあり、
思い入れが強い作品なので、違う本になるかもしれません。
いずれの本だとしても少し先の予定ですパンダ

受け継がれていくホスピタリティ:東京會舘とわたし

   JUGEMテーマ:読書感想文

今回ご紹介させていただく本は歴史ある建物に関わった
人々をめぐる優しいお話です。



誰もが【自分にとって大切な場所】、
あるいは、【思い出深い場所】はあると思うのですが、
本作品では著者にとっても思い出が詰まり、成長の場と
なった【東京會舘】を上下巻にわたって描いています。

東京會舘と言えばレストランや宴会場、結婚式場という
イメージをお持ちの方も多いような気がします。
実際、私もここはお菓子やケーキが懐かしく思い出されます。

立地となる丸の内三丁目〜有楽町近辺は、
今でこそとてもおしゃれな場所ですが、三××所が本格的な
開発に乗り出す前はもう少しオフィス街らしく、
それでいて趣ある建物が多かったように記憶してもいます。
当然のことながら、開発や建て替えの流れは東京會舘にも
おとずれます。

一見癒しとは関係がない本書をこの記事で取り上げたのは
舞台である會舘にお勤めしていた方のホスピタリティ精神に、
特にサービスや人にかかわるお仕事についている方への
参考になる点があるように感じたからです。

旧舘と新舘にわけて書かれていますから、
戦後すぐの舞台となった旧館と
工事前の新館である東京會舘の状況とではまた必要と
される点も異なる面はあるでしょう。

けれどもそこを訪れる方は1度限りかもしれませんし、
何か特別な思い出や記念日に訪れるのかもしれません。

だからこそ、訪れた方が本当に求めているものをご提供
できるように努める姿勢は見習いたいなあと思うのです。

誰にとっても大切な場所は、同時に変わらないで欲しいと
願うこともある場所。
もちろん、建物や外観は時代の流れによって変わることも
あります。

しかしながら、変わる部分があっても、変わらない部分の
良さもまたあります。
思い出に満ちた場所の見た目は移り変わっても、
決して移ろわない部分の良さ・・・
そこに多くの人は愛着を持ち、自らの思い出とともに懐かしみ、
惹かれるのかもしれません。

幾年もの時を経て建物は変遷してもその本質が普遍なのは
働いている方の矜持と誇り、そしてサービスを守るための
強い信念に支えられているからでもあります。

冒頭に記しましたように、本書は作者の成長物語も
少しだけ含んでいます。
人はいろいろな感情をモチベーションにしていくことが
できますが、本作品では怒りが創作の源になったこともまた
吐露されています。

望ましくない感情は一見良くないものとしてとらえられて
しまうことがあるのですが、
どのような感情もその活かし方次第で結果が違ってきます。

そんなことも垣間見えますので、人にかかわるお仕事を
なさっている方でご関心がある方はぜひどうぞ。

たとえ、足を運んだことがなくても現在工事中の會舘の
工事が完了したらいってみたくなることうけあいです。

個々人にとっての大切な場所。
それが本書の舞台ではなかったとしても、読了後、
かつてそこにあり、あるいは、そこにあった、
自らにとって大切な場所への温かい郷愁にかられるのでは
ないでしょうか。

もちろん、心の栄養補給のための読書としてもおすすめです。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
可能性があります。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
言えなかった思いを手紙に託して「ツバキ文具店」より
そもそも人格とは「私の消滅」より 


最後までご覧いただきまして感謝です

今回は前回申し上げましたようにスピリチュアル的な
観点とは離れましたが、
本記事が年末年始のお休みに伴う選書の一助になれば
光栄です。

次回は「あしたの君へ」を題材に書く予定です。
こちらは家庭裁判所調査官補のお話ですから
もう少しシリアスです。

人の心に寄り添うこと、真実を見極めること、
そういったことの大切さについて書いていけたらいいなあと
考えていますパンダ

そもそも人格とは:私の消滅

JUGEMテーマ:読書感想文

毎月の読書感想は辞めましたが、ご参考になりそうな
書籍のご紹介です。

今回ご紹介させていただく本はとても深淵で、お人に
よって読後感はわかれるでしょう。
内容も作品に含まれたテーマもおそらく異なりますが、
【カッコーの巣の上で】を彷彿とさせます。

スピリチュアル的な観点・・・と本ブログで書くことが
あるのですが、スピリチュアル的な観点・・・
それは現実逃避でも、夢物語でもなく、
毎日の生活をより良いものにしていくための、
または、幸せを感じ、気づく観点に近いです。

実際、すでに手にしているとても大切なことは失って
初めて気がつくことがあります。
けれども、それはすごくもったいない気がします。

人生に与えられている時間は限られています。
だからこそ、夜眠りにつく前に今日も良い日だった、と
思うことができるような考え方や事物の受け止め方。
晴れの日で無かったなら雨の中から何かをつかみとる
したたかさと強さ。
つらい時にはそれを乗り越えていくための処方箋。

それが私の思うスピリチュアルな観点です。
・・・事物のありかたは捉え方次第で変わっても
きますので。

それは小説も同じで読み手次第。
たとえ、作者が伝えたい内容と異なって受け取られる
ことがあったとしても、文章は書き手から一度離れたら
読み手によって作られて行く面があります。

そんなことからちょっとスピリチュアルな観点から
読んでみたらこうなるのでは?と感想文を書いてみています。

しかしながら、本作品はその観点で書くのは難しいです。

ETC療法、精神科医、自傷行為、洗脳、解離性同一性障害
などの心理的なトピックを主軸にしたミステリーなので、
上記用語にご抵抗がある方、現在深刻なお心のご病気と
向き合っていらっしゃる方は避けていただいた方が良いかも
しれません。

そういった場合には動画より先をご覧になるのはお控え
くださいね。

全体記事が長くなりますから今回もBGMとともに。
迷ったのですが、イメージ的には一番しっくりきました。

ただし、ミステリーの答えに触れてしまいたくありませんから
本文はさらっとです。


人はたくさんの感情を持っています。
喜びや愛といった自らを幸せにする思いもあれば、
怒りや悲しみといった自らを苦しめる思いもあります。

本作品の主人公は自身が抱えている恨みを復讐という方法で
晴らそうとします。
人間の業や執着、苦しみを何度も何度も突き付けてきます。

もし、主人公が恨みや怒りを原動力に変えて
幸せになるためのモチベーションへと昇華させていくので
あれば、また違った人生を生きることができたかもしれません。
けれども、それは本作品の趣旨とは外れて来るような気がします。

狂気に近い愛。
これは、誰もが持ち得ている面でもあります。
ただ、狂気に至らないのはそこに理性が存在してもいるから。

誰かのために一途に想い、
そのために、道を外してしまう主人公が幸せだったのかと
いえば、人生を投げ打つことができる相手に出会えたという
部分では幸せだったのでしょう。

しかしながら、主人公たちがヒロインとともに歩んでいくのには
あまりにも困難な道のりであり、彼らはともに悲しいくらい
純粋で、時に無力で、自他に愚直であろうとしたために
幸せをつかみ取ることができなかったともいえます。

ミステリーでもあるのであまり詳細は書けないのですが、
人格って何なんだろう・・・ととても深く考えさせられる
内容でした。

最後に、決して明るくはないお話でもあるのに、
なぜ、この本をお勧めするか、ですが、
人が背負っている負の部分に正面から向き合いながら、
人格や洗脳について取り上げているからです。
お人によっては人格もさることながら自我とは・・・と
お感じになることもあるかもしれません。

人間の負の感情・・・
重く、息苦しくなるような展開でもあるのですが、
彼の描く作品世界の重厚感は独特で読者を作品世界に
引き込みます。

「この世界は時に残酷ですが共に生きましょう」

多くの作家さんは自らの命を削って作品を書いているように
思います。愛から生まれた狂気の物語を創作するのは
私のような凡人には想像もつかないようなご苦労があった
ことでしょう。
そういった意味でもこのあとがきに作者が持つ強さと物語に
光明を見た気がしました。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
可能性があります。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
言えなかった思いを手紙に託して「ツバキ文具店」より
自分らしさって何だろう 


最後までご覧いただきまして感謝です

本記事が読書の秋に伴う選書の一助になれば光栄です。

次回は「東京会館とわたし」を題材に書く予定です。
こちらもスピリチュアル的な内容にはならないかも
しれませんが、誰もが持つ大切な場所への思い。
それがとても暖かく描かれています。
ホスピタリティを必要とされているお仕事の方などには
良いかもしれませんOK

言えなかった想いを手紙に託して:ツバキ文具店

JUGEMテーマ:読書感想文

毎月の読書感想は辞めましたが、いまさらながら、
再開しようか迷っていたりします。

インプットしてもアウトプットしていかないと記憶に
定着しないので、その内お休み中のアメーバブログに
移すかも。

それはさておき、素敵な本を見つけました。

読書の醍醐味は出会えるかどうかわからない、
自分にとっての1冊に会えるかどうか、だと思います。
それぞれの1冊は個々人によって異なりますが、
小川糸さんの【ツバキ文具店】は個人的にも好きでした。

今回の場合、主人公自体が喪失と言えなかった感情と
向き合いつつも成長をしていくというお話ですから
スピリチュアル的な観点になるかどうかはわからないの
ですが、読書の秋のおともにいかかがでしょうか。

以下は私の読書感想文・・・が続きます

主観的な要素を多く含むひとりごとのような内容ですのと、
大切な方とお別れをなさったばかりの方は思い出して
悲しくなってしまうことがあります。

今はまだそういった内容と向き合うのには早いよ、
と言う方は動画より先をご覧になるのはお控えくださいね。

記事が長くなるので今回もBGMをつけてみました。
本作品とは少し設定が違うんですが秋の夜長に。


生きていたら時に良いことだけではなく、そうでないことも
経験することがあります。

良いこと、そうでないこと、双方があって、
初めて、良いことの素晴らしさを感じ、
そうでないことを経験することで、
人間としての強さと深みを増していくのかもしれません。

何度も書いていますが、スピリチュアル的な事柄は、
人生をより良くしていくための考え方や方法だと私は考えて
います。

高次の存在の方を前に方法や考え方といった、
罰当たりな表現は絶対にできないですし、
敬意や感謝は忘れたこともありませんけど、
筆下手でもあり、上手に伝える言葉を持ちません。
なのでそんな感じです。

そして、スピリチュアル的な世界観はお辛いご経験した方の
心身の癒しの受け皿ともいえます。
もちろん、必要としない方も多いですから、どっちがいいか、
と問われれば、その方の必要性次第でしょうか。

どんなに強い方でも苦しい時には神頼み、という言葉が
ありますし、
お彼岸やお盆といった習慣が根付いていることを踏まえても
肉体を持っていることによって乗り越えることができない、
そんなこともあります。

たとえば、それはご病気の折の身体の痛みであり、
喪失の際の離別の切なさであり、
生存本能や生れつき持った欲求を満たされないことによる
やりきれなさのようなもの。
どうやって手放していくかは人それぞれですけど、
スピリチュアルに限らず、考え方のヒントをもらうという
部分で読書もまたプラスです。

少し前置きが長くなりましたが本作品のあらすじは以下。

舞台は鎌倉のツバキ文具店。そのお店を継いだ女店長の
鳩子がヒロインです。彼女には両親がいません。

彼女は文房具屋を継ぐと同時に代書屋も引き継ぎます。
代書屋として育てたのは祖母の先代。

メールが発達しているとは言っても、手紙を書く機会が
なくなったわけではありません。
本当に個人的に想いを伝えたい時にはお手紙を書く文化が
残ってもいます。

当然、代書を利用する方は自分では書くことができない
内容も多くて、その都度、主人公なりに工夫を凝らします。

離婚のご挨拶、絶縁状、字が不得手、恋文、あるいは
お仕事のお手紙、etc...。

そんな鳩子もまた祖母に対して複雑な思いを抱えています。

代書屋の仕事を通じて祖母の苦労を知り、
お店を継いでみて初めて、祖母の愛情を知る。

しかしながらその祖母はもうこの世にはいません。

代書屋さんというお仕事を通じて描かれる、
言えなかった気持ちにどうやって決着をつけるか、
これが本作品の主題ともいえるのではないでしょうか。


言えなかった気持ち。
それは時に何らかの形で自らを苦しめることがあります。

時にそれは悔恨であったり、責任感であったり、
違う道を選んでいたらという内容だったり、
あるいは違う感情で。

本作では主人公がそういった方の思いを受け止めて
昇華させていきますが、
伝える相手がこの世に生きているのはとても恵まれて
いる気がします。

時にこの世にはいない方もいるのですから。

冒頭で今回の読書感想文はスピリチュアル的な視点に
ならないかも、と記しました。

なぜなら本作におけるヒロインは物語の中で自らの思いに
終止符を打つからです。

・・・というわけで、あとはご関心がある方は読んで
いただくのが一番かもしれません。

ただ、このヒロインの行動はもしかしたら、
言えなかった言葉をお持ちの方にも得られるものが
あるように感じます。


内容をばらしてしまうことになってしまいますから、
この段階で一つ言えることは、
誰しもが何らかの感情を抱えて生きているということです。

それは日常生活の中から容易に生み出されることを見ても
明らかです。
感情があるからこそ、個性があり、喜怒哀楽が生じると
思うので・・・。
少なくても、怒ったり喜んだりするのであれば、感情が
ないとは言えませんから。

そして、中には手放さすというのではなく抱えながらも
時間とともに変化していくのを待った方が良い感情も
あるということでしょうか。

だからこそ持っておくというのも変なのですが、
特に大切な人との別れに伴う感情・・・。
愛と傷みと双方を大切にしたいと感じるのです。
゜☆゜+.☆゜+

なんだか長くなってしまいましたが、
言えなかった思いがある方は、お空に向かって放って
みるといいかもしれません。

これは、本作の主人公がとった行動とは異なりますが、
思いは光よりも早く伝わります。
特にお空にいる方には。

言霊が・・・とは言いますけど、感情が自らの心身を
苛む方がよくありませんから、言いたければ口にして
しまってOKなのかなって。

ありがとう、さようなら、大好き。
必要があれば(先に逝ってしまって)悲しいよーって。

それですっきりした方がお空のお相手も喜びます。
だって、お心に溜めて溜めてその思いでいっぱいになって
爆発してしまう方が本人にとって一番きついですから。

そして、また、亡き人への愛と共に生きていく方が
よほどお心が軽くなるのではないでしょうか。

もちろん、どれだけのお時間がたっているか、
悲しみの深さによっても変わってきますから、
これらは、一概には言い切れないのですが、
必要がある方はお試しいただければと思います。

尚、本記事の内容はあくまでも私の感想であり、
ご覧になった方の中にはご抵抗を持たれる方もいらっしゃる
かもしれません。

その際には、ただの感想文だと、読み流してくださいね

花 関連記事 花
時には無理をしない選択を
夏目漱石の「こころ」にみる赦しのお話 


最後までご覧いただきまして感謝です

本記事が読書の秋に伴う選書の一助になれば光栄です。

・・・良い感情もそうでない感情もありません。
ただし、仮にその感情やご経験が生きるということに
対してご負担になる場合には手放していったり、
必要があれば、時間による感情の軽減化を受け入れる
ことを赦していく。そういう考え方が好きです。

次回は「私の消滅」を題材に書く予定です。
精神科医が関係してくるミステリーなので、切り口がまた
変わってきます。
重たい読後感のお話ですが、読みごたえもあります。
こちらもおすすめですOK

▲top 12>|next>>